味噌汁の具材について(キムチ編)

キムチ入り味噌汁は、キムチと味噌と言う日韓を代表する発酵食品の混ぜ合わせになります。 キムチには唐辛子をまぶしてありますので、体温も上がります。 寒い日の夜に味噌汁はたまりませんが、これにキムチが加われば寒さも一気に吹き飛びます。 そんな日にはお勧めです。

もちろん、ただ温まるだけでもありません。 キムチのカプサイシンと言う成分には、脂肪燃焼促進効果があります。 キムチを作る際には、味噌汁の出汁にも使われている煮干しなども加わっています。 味噌との相性は、見かけの違いほど悪くも無いのです。 初めての人には抵抗があるでしょうが、食べてみれば違和感の無さに気付くはずです。

キムチの良さは、その保存性能の高さにもあります。常に置いてられますのでいつでも使えるのも便利です。 浅漬けでしたら、野菜に近い具材になりますので、シャキシャキ感も味噌汁にフィットします。 深漬けでしたら、進んだ発酵の成果として味噌汁にコクを与えてくれます。

キムチ単独では辛くて食べられない人も、味噌汁に入れてあげれば食べやすくなります。 これで、手の遠かったキムチの消費が一気に増えるかもしれません。 特に辛い物が不慣れな子供には優しい食べ方でしょう。

↑ PAGE TOP